前期終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです、夏休みに入りました。

 

 

 

夏休みといっても、私の大学は8月レッスン補講、9月頭から実技試験、一応9/13まで授業の無い休み期間になっていますが、実質無いようなもの。

 

はい、終わってる。

 

 

でも夏休みと冬休みは、いつもこんな感じで"自称"の休み。休みが無いなら休みと言わないでくれ。

まあ、これは大学に入る前から分かっていた事なので、そして もう2年目なので慣れましたが。

 

 

 

 

 

前期の話でもしようかな。(突然)

 

 

今年度は、気が付いたら1年時よりも授業を取っているという珍事が発生した為、レポート課題や学科試験等が沢山あり、それと並行して実技の方もやらなければならないという、本音言うとかなり辛い1ヶ月でした。

 

 

でも不思議とそれも楽しんでしまっている自分がいたので驚いたよね、よく分からないけれど 成長 だと受け取っておこう。

 

 

レポート課題に関しては、なんせ音大生はこういったものに慣れていない。去年なんて殆ど無かったくらいで、、、音大は音大でも、学科によっては沢山あるところもあるらしいのですが、私の場合はなんでもない普通の「ピアノ科」に属しているので、本当に皆無。

 

なので、本当に色んな人の書き方や纏め方を聞いたり見たりしたし、沢山参考にさせて頂きました。有難うございます。

 

私は今回、ほんの幾つか書いただけで久しぶりに別の脳を使ったというか、どっと疲れてしまったのに、これ以上に量も字数もあるものをしかも毎回こなしている大学生がマジ凄いなと、、どうしよう、、良い刺激しか受けない、、

 

 

後期も引き続き受ける授業たちで、必然的にレポート課題には追われる時がまた来るので、頑張ります。

頑張ろうね、みんな。そして、宜しくお願い致します。

 

 

  

 

因みにレポート以外は、

 

 

アンサンブル / 2人で1台、或いは2人で1人1台ずつを使って弾くもの(私たちは2台ピアノと言っています)を、録音して1枚のCDにする

ソルフェージュ / 先生が弾く楽譜を、耳で聴いてそれを五線譜に書き写すという「聴音」と、その日初めて見る楽譜を歌う「新曲視唱」

リトミック / 音楽の楽しさと同時に音楽の基礎を小さな子ども向けに教える指導案を考え、それを実際に私たち同士(先生役と生徒役)で先生の前で発表をする

 

等、殆どがこういった"実技"試験です。

 

 

 

よく 「実技ばかりで大変そう」 と言われますが、これが本業といっても過言では無いので、むしろ座学より楽。私の場合は、元々机に向かって何かを書いたりする作業に抵抗がない人間で、むしろ筆記試験や座学授業も好きなのであまり双方に変わりはないのですが、、

 

 

 

 

 

それから前期は、演奏会が幾つかあり人前に立つ機会に恵まれ、改めて 自分のメンタルの弱さと同時に強さも知りました。私もまだまだ。

 

f:id:cantabilejolie:20170807184537j:image

 
相変わらず人前に立つのは好きじゃ無いし、周りに上手い人が沢山いるから何故私なのとも思うし、基本これに関してはネガティヴ思考から抜け出せないまま今もここにいるのですが、、特にピアノ科はオーケストラと違いソロ楽器。"上手い"人以外は人前に出る機会が無いのが普通で、そんな中、出させて貰えるというのはめちゃくちゃに有難い事だなと痛感。

 

 

まあ、今回の本番もソロではなく、伴奏としての出演だったのですが。それでも、伴奏を任せて貰える事もなかなか無い事らしいので、良い経験をさせてくれた私の友だちに感謝しています。

 

こういうのは「場数」 らしい。頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

そんな"自称"夏休みの唯一のオフである明後日から1週間の間 北海道へ。

 

旅行じゃ無いよ。

  

 

 

オーストリア発祥の教育学「シュタイナー教育」について、唯一日本で一貫して学ぶ事が出来る場所が北海道にあり、そこへ行ってきます。

 

特に大学の課題でもなければ、やらなくてはいけない事でもなんでもない、ただただ自己の興味のみに突き動かされ辿り着いた場所。

 

側からみたらマジで訳が分からないし(私も最初はそうだった)、何か怪しい宗教団体に見えるかもしれないし、でも全っっく そういったものではないので、これだけは豪語しておきます。私自身もまだまだ分からない事だらけで、知らない部分の方が多いし、これに関してはきっちりと学んでからここに纏めようかな。誰得。

 

 

 

 

向こうにいる間は、instaがメインになると思いますがブログも書けたら書きます。

 

 

 

 

それでは